今年は3Dモデリングと決めて半年やってきた

私は今年は3Dモデリングの年とし、毎日Blenderという無料のソフトウェアで3Dモデリングをしています。
去年の大晦日から始め、最初は「Blender標準テクニック」という本を頼りに始めました。
それはアニメっぽい女の子を作ってBlenderを学ぶという趣旨の本で、その女の子は機械の剣やブーツを身に付けているため、機械の作り方も学べる優れものです。
2ヶ月ぐらいかけてその本を最初から最後まで通しでやってみたのですが、できがひどかったのでまた最初から始めて全部で3ヶ月半ぐらいかけて作り上げました。
見本の通りきれいにはできませんでしたが、それでも最初よりはかなりマシになって良かったです。
でも後で他の方のブログ記事を見たら、テクスチャをベイクする時に、別のオブジェクトがあると隠していてもテクスチャに影が映り込むとあり、もっと早く知っていたらなと思いました。
その後は簡単なオリジナルキャラクターを作っていましたが、それではあまり人気が出ないなと思い、どうしたものか考えた結果、人体骨格を作ることにします。
もう2,3ヶ月取り組んでいるのですが、まだ半分程度しかできず今年中に完成するか怪しくなり少し焦るのでした。
でも人体骨格が作れたらそれを元にスケルトンの怪物や色んなモンスターを作る土台になるので将来性があるのではないかと期待しています。
私がなぜ3Dモデリングをすることにしたかと言うと、元々Unityというソフトウェアでゲーム作りをしており、そこにオリジナルキャラクターを出したかったからです。
そして売れるゲームを作ったり、そのモデリング自体を販売することでお金を得たいと考えているのでした。
ゲームもモデリングも海外に売ることができるため、それで外貨を稼ぎたいと思っています。
日本経済はやばいと長らく言われていますし、若年層はよりやばいと言われているので頑張って海外から稼ぎを持って来るようにならないといけないと常々思っているのでした。
パソコンゲームの販売プラットフォームと言えばSteamですが、私はそこで今年中か来年にはそこで販売開始ができたらいいなと思っています。
と言ってもゲームの開発はまだまだ形になっておらず、オリジナルキャラクターだって全然できていないのでかなり先の話しになりそうです。
でもコツコツ頑張って行けばいずれ形になっていくはずなのでじっくりやって行こうと思うのでした。
私は今までコツコツやってこなかったので苦労する羽目になったため、今回はやり切って人生変えて行こうと決めています。

タイトルとURLをコピーしました